税理士になるための基礎知識

税理士になるためにはどうしたらいいのか

税理士は、どんな仕事をしているのでしょうか?

官公庁の税務署などの退職後に税理士の仕事を始めた方は、国税OBと呼ばれております。 しかし、以前国が行っていた税理士の斡旋が廃止されて相場が下がったことにより減少傾向にあります。 一般的には、税理士の半数以上の方が大学を卒業して税理士試験を受験しているようです。

税理士になるためのルートは?

私たちは、毎年何種類もの税金を収めています。
マイナンバー制度が導入されたり、税金の法改正も多くなかなか覚えることは難しいですよね。
個人・企業ごとに、それぞれの納税者は、所得や売上によって自ら計算をしなくてはなりません。
会社員は、所得税や住民税など会社が計算して給与から差し引いていますので、確定申告をすることはありません。
個人事業主や企業は、毎年税金を決定する確定申告を行う必要があります。
税金の法律に則って納税をサポートしているのが、税理士の役割となります。
税務署に対して法人税などの税金は自分で計算して収めますが、税法は複雑で知識がなくては現実的には難しいですが、税理士には申請を行うことが許されています。
また、税務署から税務調査がおこなわれた場合にも立会いが許されていて、担当官に対応してもらえます。
年次業務の確定申告や決算書、月次業務の総勘定元帳、給与計算、源泉所得税納付書なども含まれます。
納税のアドバイス、申告書の作成などは基本的な業務であり、つねに需要があります。
また、税務知識を生かしたコンサルティンから企業の経営や発展のサポートも求められています。
事業を経営するうえで、専門的な知識や煩雑な手続きなど税務や会計は避けられません。
しかし、税金や会計の専門知識を持った税理士になるためには、多くの難関を突破しなければなりません。
税理士を目指してもなれずに諦める人もたくさんいらっしゃるようです。
税理士にはそう簡単になれそうにはありませんが、どうすればなれるのかを調べてみましょう。

税理士試験の受験資格・受験項目は?

税理士になるために、税理士試験に合格しなければなりません。 一般的に難易度の高い試験となりますので、取得するまでに5回10回と何度も受ける人も少なくありません。 1回目での合格を目指すより、長期的な計画を立てて、じっくり取り組む必要があります。

専門分野に特化する

ひとくちに税理士といっても、業務範囲は多岐にわたりますので、得意分野も人によって異なります。 最近では、さまざまなニーズに対応するために特定の専門分野に特化したサービスを提供する法人が増えています。 税理士の競争は厳しくなってきていますが、時代によって求められるサービスを提供ですることが必要です。