税理士になるための基礎知識

税理士になるためにはどうしたらいいのか

専門分野に特化する

就職場所

税理士資格を持っていると、独立開業も目指せますし、企業への勤務も有利になります。
税理士事務所
税務代理・納税節税の税務相談・税務に関する書類作成などが主な業務となります。
全ての実務経験を積むことができるので、将来独立開業を考えているなら、かなり役に立つのではないでしょうか。
会計事務所
会社としての主な業務は企業の監査や会計となりますが、税理士として就職しているのであれば、税理士業務を行うことが多いようです。
市役所や税務署
税理士として培った知識や実務経験などを通じて、税に対する不安や悩みを解消するのは大きなやりがいとなります。
一般企業・コンサルティング専門企業
経理、財務・会計など専門の知識を持った税理士は、かなり重宝されるでしょう。
効率的な実効性のある節税の対策が行えます。
コンサルティング専門企業
企業での経験を経て開業をする方が多いようです。

税理士の将来

難関試験を突破して資格を取得すれば、安定して稼げる仕事というイメージのため、現在は税理士の人口も増加しています。
また、日本では不況やグローバル経済の中、中小企業や個人事業主の廃業が増えています。
こうした大切な顧客の減少もあり、競争が激しくなっています。
ITも進化し、会計処理・税務申告もオンラインで行うことができるようになりました。
作業的な仕事は、AIやRPAに任せるようになるかもしれません。
税理士資格をもってるだけで安泰という時代ではなくなってきています。
ほかの税理士と差別化を計っていきましょう。
業務範囲を広げる、高いコミュニケーション能力を身につける、グローバル化に向けた国際税務などの専門性の高い分野の税務もできようにすることなど、時代にあわせて価値を上げていきましょう。


この記事をシェアする